石の上にも3年

c0166418_2151266.jpg 「石の上にも3年」という言葉は、世間ではよく使う言葉で、石のうえでも、3年続けて座れば、温まるとの意味から、「我慢してじっと辛抱すれば、必ず、最後には報いられる。」 という諺です。
 安心サポートネットは、平成16年5月29日創立総会を開催しました。私はその冒頭の挨拶で、この諺を引用して、発足当初からお客さんも来ない、する仕事もないというような、真冬の寒々とした状況が長く続いても、耐えに耐え、辛抱に辛抱を重ねていこう!そうすれば、やがて春がやってくる、と会員の皆さんに呼びかけました。
 しかし、幸いにも、当法人は冬枯れの厳しい時期を経験することなく、お客さんも沢山来てくれて、仕事も結構受託しました。その上、幸運にも新聞やテレビ等のメディアからも、暖かく迎えられました。その後の経過も順調に推移し、「石ノ上にも3年」という諺は、当法人には縁がないように見えました。

 しかし、そうは問屋が卸さない。平成19年11月に開設した当法人の熊本出張所は、まさに「石ノ上にも3年」 という諺が、ぴったり当てはまる程、お客さんが滅多に来なければ、仕事もこない、じっと辛抱して待つ、という状態に陥ったわけです。
 この事態を打開するには、どうしたらよいでしょうか?
 選択肢は2つ。その1は、仕事の受託のための宣伝を行って、仕事が来るのを辛抱強く待つ。その2は、仕事の受託宣伝よりも、熊本市民に役に立つ事業を行って、その信頼を得ることに力点を置く。 どの道3年間も辛抱することになるのなら、熊本市民に役立つ後者の方法を選択するのが賢明だと思います。

 判断能力が不十分になった熊本市民の高齢者や障害者を熊本市民の力で面倒をみる。このシステムを実現するためには、熊本市民から多数の後見人を育成することが必要です。そのことを実現できる唯一の道は、熊本市で「成年後見人等育成研修」を実施することです。この種の広範で専門性の高い研修は並大抵の団体では、到底実施することが困難です。それだけに、この研修が実現すると、熊本市民には朗報で、貴重なプレゼントになるばかりか、熊本市民の皆さんの当法人に対する信頼も得られることになると思います。

 この研修は来年中頃までには、実施することを目途に、現時点から着実に準備していきたいと決意しています。

 注 平成20年11月には、当法人理事会で,熊本市において「成年後見人等育成研修」を実施  することを決定し、次いで、21年1月には【熊本版成年後見人等育成研修実施実施要綱】
  が定められて、間もなく受講者の募集が行われる予定です。
   同要綱によると、研修日は7日間、総研修時間は42時間、後見人等の職務の遂行に必要
  な広範な研修科目を質の高い、実務にも明るい講師陣が担当します。詳細は当法人のホー  ムページ (http://www1.odn.ne.jp/seinenkouken-npo/)を参照してください。
[PR]
by seinen-kouken | 2008-11-05 21:34 | 随想


<< 静かな山里の成年後見制度 見守り役が元気を貰う >>