新会員への激励のメッセージ

復旧・復興の申し子
新会員への激励のメッセージ
NPO法人高齢者・障害者安心サポートネット
                    理事長 森 山 彰
1 市民後見人育成研修の意義
 平成28年4月二度にわたって、震度7の大地震が熊本を襲い、恐ろしいまでに残酷な被害をもたらしたが、熊本県民の懸命の努力で、着々と復旧、復興が進み、随所で震災前の活況を取り戻していることに深い感銘を受けた。とともに、このような復旧、復興の歩みの最中、安心サポート熊本が、本格的で、質の高い「市民後見人育成研修」を実施し、成功裡に終了したことは、熊本市民に元気を与える素晴らしいイベントだったと思う。
 その理由の第1は、現代の共生社会における大震災の復旧・復興とは、被害地を社会全体の支え合いによって復旧・復興することを意味するので、共生社会に不可欠な成年後見制度の活性化に資する、市民後見人候補47名を育成し、社会に供給したことは、復旧・復興の手助け(支え合い)による大貢献をしたことになると思う。
 第2は、それに、震災で気が沈みがちな熊本市民が、判断能力の不十分となった高齢者・障害者を支援する「市民後見人」の研修募集の情報に接すれば、誰だって未来志向だと思い、前向きで、明るい気持ちになるだろう。この研修は、この意味で、高い評価を受けて然るべきで、「よくやった」と称賛したい。
2 人材育成

本年5月26日KKRホテル熊本で開催された第8回通常総会に出席して、最も心強く思ったことは、この育成研修受講後、入会した新規会員が多数参加して、総会を盛り上げてくれたことである。
 この有為な新会員が一人前の立派な後見人として育つためには、その後のフォローアップ研修が重要だし、後見人としての実務の訓練も欠かせない。言わずもがなの蛇足と思ったが、熊本の役員の皆さんには、「何が何でも、新規会員には、逞しく育つための機会を十分に与えて、全員が安心サポート熊本を牽引する有能な人材に育てて欲しい。」と要望した次第である。
新会員の皆さんは、復旧・復興の1手段である育成研修によって誕生した復旧・復興の申し子であるから、申し子であることを胸に刻んで、自己研鑽と鍛錬に励んでいただき、使命感旺盛で、住民の皆さんから厚い信頼が得られる人材に育って欲しいと念願している。
               以   上


[PR]
by seinen-kouken | 2018-07-15 16:21


<< 任意後見移行型と転ばぬ先の杖 成年後見制度低迷の原因・後見人... >>