<   2010年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

魅力溢れる市民後見人に挑戦してみませんか!

c0166418_2103318.jpg
 NPO法人高齢者・障害者安心サポートネットは、「第3回市民後見人育成研修」を実施することで、現在受講生を募集中です。
 この育成研修は、ボランティア活動に情熱があり、市民後見人としての活躍を希望する受講生を対象として、後見人の職務遂行に必要な法律実務から福祉・介護に至るまで、広範で、質の高いカリキュラムにより実施されます。研修期日は、本年6月から9月まで、毎月第2と第4土曜日の2回開催。時間は10時~から17時まで1日6時間、研修場所は福岡市アイアイセンター等を予定しています。

 「第3回~ 」と銘打っているように、当法人は、この育成研修を福岡市で、過去平成18年と19年に2回開催した実績があります。この研修の目的は、高齢者や障害者が判断能力を失ったときに、それらの人達が「普通の人」と同じ生活ができるよう、面倒をみる後見人を育成することにあります。この目的から言えば、本来なら、自治体等の公的機関が行なってしかるべきですが、これを一民間のNPO法人が実施したわけですから、わが国では過去に例がなく、まさに【先駆的】で、かつ、【画期的】な研修と評価され、研修生にも大変な好評を博しました。

 現在、市民後見人育成研修の修了者は、市役所等の自治体、社会福祉協議会、地域包括センター、介護施設等で成年後見関係の仕事に従事して、存分に能力を発揮しているほか、市民後見人として活躍中の者が30名余に達しています。
 特に、市民後見人は、ボランティアを視野に入れて活動しますので、高齢者や障害者に親しみ易く、利用し易いという長所があります。その上、フットワークが良く、地域社会の隅から隅まで活躍して、常に安らぎのある良質のサービスを提供できますので、安心・安全な地域社会の形成と成年後見制度の活性化に大きな貢献をしていると思います。

 また、超高齢化社会の進展に伴い、独居老人、夫婦だけの老人世帯の増加が顕著ですが、その人達を身近で見守り、安心した生活を送ってもらうには、ボランティア活動に情熱のある市民後見人の活躍が不可欠です。したがって、市民後見人に対する国民のニーズは、今後益々強まるばかりです。
 
 人生80年、第1の人生を企業活動や行政で活躍されてこられた皆さん!
 第2の人生は、市民後見人として活躍することにより、高齢者・障害者の人権を守り、その生活を支えて、自立と共生を基本とする地域社会づくりに貢献してみませんか。
 是非とも、この魅力に溢れた市民後見人に挑戦して欲しいものです。

注 研修受講者募集の詳細は、当法人のホームページを参照願います。
 
[PR]
by seinen-kouken | 2010-03-28 16:20 | NPO