<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

筑紫野市民の期待と夢を乗せて!国の市民後見推進事業

筑紫野市民の期待と夢を乗せて!
国の市民後見推進事業
「市民後見人養成研修」順調にスタート

1 去る11月12日、筑紫野市主催「市民後見人養成研修」の開講式が、同市の生涯学習センターにおいて、選抜による53名の受講者及び藤田筑紫野市長以下の主催者側関係者並びに同研修の実施を受託した当法人側関係者多数のご出席のもとに、盛会裡に開催されたことを心から祝福するとともに、市民後見人の本格的普及の幕開けとして、心から歓迎したい。

2 さて、当法人は、平成16年5月設立以来、この優れた成年後見制度の利用度が依然として低調であることを憂慮し、その活性化策として「地域後見」即ち、「判断能力の不十分な高齢者や障害者の皆さんが、いつでも、どこでも、簡単に成年後見制度を利用して、安心・安全な生活が送れる社会を作ろう!」という基本理念を高らかに提唱して、その実現に向けて努力してきた。

3 この「地域後見」は、どの地域でも、親しみ易い後見人が沢山いて、簡易に頼めることが絶対的な条件である。この観点から、当法人は平成18年を第1回として福岡市と熊本市で計4回、レベルの高い「市民後見人育成研修」を実施。この研修で誕生した市民後見人の指導とその活動を支援してきた。

4 ところで、国は本年度から認知症等高齢者の福祉増進を図る観点から「市民後見推進事業」を創設した。この事業は、市町村自らが市民後見人を養成し、その活動を推進することを主眼としたもので、市民後見人を主役として成年後見制度の活性化を図ろうとする点で、「地域後見」の理念と全く同一である。従って、地域後見を標榜する当法人は、この市民後見推進事業が成功するかどうかについて、自分のことの如く深い関心がある。

5 厚労省は、市民後見推進事業を打ち出したものの、同省が同事業について予め問題点を十分検討し、検証と試行を積み上げたうえで、自信を持ってスタートさせる事業とは言い難い。とにかく、準備不十分だが、スタートだけはさせて、この分野で先行する自治体や在野のNPOの力を借りて、何とか成功を収めたい、という荒っぽさが目立つ事業である。

6 この市民後見推進事業に福岡県下では唯一、筑紫野市のみが積極果敢に挑戦して、「市民後見人養成研修」の主催庁となり、本研修の実施は当法人が受託した。そこで、当法人としては、主催庁と一致協力して、本研修の問題点を十分分析し、改善策を講じながら、是非とも、本研修を成功させたいと考えている。
7 本研修が成功すれば、現在不安な目で本研修の成行きを注目している福岡県や九州各県の市町村も、安心して市民後見人の養成とその活動支援に乗り出すことが予測される。そうなれば、「地域後見」の実現も現実性を帯び、遠い夢物語ではなくなるだろう。
[PR]
by seinen-kouken | 2012-01-15 17:40 | NPO

平成24年年頭の辞

 平成24年の新春に当り,明けましておめでとうございます。
 今年は辰年ですから、年賀状は龍が昇る姿を描いた図柄を数多くいただきました。有難うございました。今年の安心サポートネット・グループは、「龍の雲を得たるが如し」という具合に、威勢よく進みたいですね!・・・となると、安心サポートネット・グループの年頭の辞には、「飛龍乗雲」が好ましいところですが、安心サポートネット・グループを取り巻く厳しい諸条件を考ると、「威勢よく龍が飛ぶが如くに進んで、よい運をつかむ!」という「龍飛乗運」の言葉の方が適切です。従って、年頭の辞には、「龍飛乗運」を選びました。
 今年も、安心サポートネット・グループは、更に一層地域住民の皆さんのお役に立てるよう、一歩一歩着実に前進していきたいと思います。
 当グループ会員及び支援者の皆さんには、万事よろしくご支援とご協力の程お願いします。
[PR]
by seinen-kouken | 2012-01-15 17:28