<   2012年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

安心サポートネットの文化を育てよう!

安心サポートネットの文化を育てよう!
―更なる地域後見の普及のために―

1 平成16年5月の設立以降、当法人は着実な発展を遂げながら、9年目を迎えることができ   た。 このことは、当法人の役員、会員及び支援者並びに地域住民の皆さんの温かいご協力とご支 援の賜物であると、心から感謝を表したい。
 お蔭様で、当法人における法定後見人、任意後見人及びその後見監督人等(以下、「後見人等」と いう)の23年度末現在までの受任数は110名、安心サポートネット熊本が12名、当グループ 全体では122名で、任意後見の受任者数は41名である。

 (当法人の評価) 
2  去る24年3月11日さわやか福祉財団が東京で主催した「NPO法人市民後見全国サミット」 に、東京以外の地域から唯一、パネリストとして参加した私の印象や東京大学後見研究実証プロジ ェクトの調査結果等を総合すると、これ程多数の後見人等を受任し、指導・監督しているNPO法 人は、全国多数のNPO法人の中でも、当法人がダントツの飛び抜けた存在だそうである。特に、 独立採算による安定した財政基盤と市民後見人支援の専門家グループと各種事業に関する確固たる ノウハウを保有しているのが高い評価につながっている。誠に喜ばしい限りである。
 
 (地域後見 重点目標)
3 「判断能力の不十分な高齢者や障害者の皆さんが、いつでも、どこでも、容易に成年後見制度を 利用して、安心した生活を送ることのできる社会をつくろう!」という「地域後見」を当法人が標 榜している限り、「後見人等の受任拡大」と「指導・監督業務の充実・強化」の方策は、本年度以 降も重点目標として取り組むべき課題である。従って、「後見人等」の受任数は、今後とも増加す るだろう。

 (「後見支援センター(仮称)」の運営)
4 これに加えて、厚労省が23年に創設した市民後見養成事業がある。この事業を受けて、筑紫野 市は福岡県で唯一「市民後見人養成研修」を主催。当法人がこれを受託して、質の高い「研修カリ キュラム」により、5ヶ月間、延50時間の研修を実施。去る3月24日成功裡に閉講式を終え  た。
  この研修で50名の市民後見人候補(卵)が誕生したが、筑紫野市は今年度これらの市民後見人 候補を指導、監督する機能をもつ「後見支援センター(仮称)」を設置する計画である。当法人は このセンターの運営についても受託できるよう尽力したい。

 (後見実務と指導・監督システム指針の完成)
5 このように、後見人等の受任数の増加が確実に見込まれ、また、指導・監督業務の重要性が高ま る中で、当法人が、今後とも地域住民に信頼される業務処理を行っていくためには、これまで再三 強調しているように、後見人等に対する指導・監督指針としては勿論、適正・迅速な後見事務処理 の指針としても十分な機能を持つ「後見実務と指導・監督システム指針(手引書を含む)」の完成を 急ぐことである。

 (「安心サポートネットの文化」の創造とその定着・・・4つの柱)
6 それと並んで重要なのは、会員の精神面における具体的な指針の策定と定着であり、従前の使命 感や倫理観の醸成策だけでは、不十分だということである。
  そこで、第8回通常総会で打ち出された方針は、次の4つを柱とする、「安心サポートネットの 文化」の創造とその定着である。
 ➀ 礼節を重んじる。
 ② 相手を思いやり、相互に助け合う。
 ➂ 地域で助け合い活動ができる人材を育てる。
 ④ 地域住民に対するサービスは、スピード感を持って行う。
 
 (安心サポートネットの文化の意義と役割)
7 それでは、4つの柱を「どうして安心サポートネットの文化と表現するのか?」
 「文化」の語源は、ラテン語系の「土地を耕す」という言葉で、「自然そのものに人工を加え   る。」という意味である。現在のわが国の用例では、例えば、「食文化」と言うように、「社会の 中で学び、身に付け、受け継いでいく生活や活動の手法」という意味で使用されている。従って、 「安心サポートネットの文化」とは、会員全員が上記の柱の4つの事柄を学び、身に付け、よき活 動手法として創造する。そして、この文化には、沢山の知恵や工夫が蓄積されて、よき伝統文化と して熟成し、これを安心サポートネット内で受け継いでいく、という意味である。「文化」の言葉 にその強い期待が込められている。
 
 (柱の4つとは具体的にどんなことか)
8 柱の①の「礼節」は、心のこもった挨拶が原点、次いで、感謝すべきことには、素直に感謝の言 葉を述べ、謝るべきことには、直ちに陳謝する。このようなごく当たり前の礼節の実践は、簡単な ようで、実に難しい。礼節が会員間に定着すれば、誰に対しても自然と礼節が重んじられ、住民の 皆さんの好感と信頼につながるだろう。
  柱の②の「思いやり」とは、常に相手の気持や立場を考えることだが、相手が気に入る事柄だけ でなく、相手の成長や充実した人生を願い、又は良い仕事が出来るよう、「良薬は口に苦し」の視 点からの助言、指導が重要である。
  また、核家族、高齢、無縁社会の悪弊を取り除くためには、思いやりと相互助け合いの精神の  涵養が重要な課題となっている。特に、当法人が、柱の➂の「地域で助け合い活動ができる人材を 育てる」ことができ、そのリーダーシップで相互助け合い運動が活性化すれば、当法人も一皮向け て、大きな飛躍が期待できるだろう。
  柱の④の「スピード感のあるサービス」は、人の身体と財産を預って後見事務を処理する以上、 当然のことで、地域住民の信頼を得るには、迅速処理が生命であることを肝に銘じ、その実践に力 を尽すべきである。

 (安心サポートネット文化の定着・・・地域後見実現の条件)
9 当法人の標榜する「地域後見」の理念は、この安心サポートネットの文化が根付き、定着して  こそ、その実現に2歩も3歩も近づくのではないかと思う。是非とも、安心サポートネットの文化 を創造し、その定着を図りたいものである。
                              以 上
[PR]
by seinen-kouken | 2012-07-29 11:54